大学受験の英語の勉強(大人はみんなやっとけねよかったと後悔するものですね)のコツを挙げるとしたら、次の4つになります。 ・単語(意味がわからない時にはその都度、きちんと調べることが大切です)はひたすら暗記(声に出す、書く、反復するというのが確実な方法でしょうか) ・文法を覚える ・長文は問題集で克服 ・リスニングはラジオなどを利用する 英語(日本人ってどうして苦手意識を持ってしまうんでしょうね)で点数を取るには、英単語(関連のあるものをまとめて覚えるようにすると、覚えやすいかもしれません)をしっかりと覚えないといけないのです。 英単語が分からないと問題を解くことができないので、ひたすら暗記(単語帳のようにカードに書く方法、語呂合わせを使って覚えやすくする方法などがあります)するようにしてください。 書いて覚えるだけではなく、実際に発音することも大事です。 また、英語(最近は小学校でも授業があるらしいですね)と日本語では文法(意外と間違っていても実際には通じてしまったりすることも多いですよね)が全く畭なったので、正しい文法をマスターしましょう。 文法さえマスターできれば、長文も問題なく解くことができます。 長文が苦手という方は、問題集(収録している問題の?も大切ですが、解説がわかりやすいかも重要でしょう)を徹底的に解いて、慣れることからスタートしてください。 問題集を何冊もこなしていくうちに、長文が苦ではなくなるはずです。 そして、リスニングは英語のラジオなどを聴いて、耳を英語(6年以上もやってなんでしゃべれないんでしょう)に慣らすようにしましょう。 英語を聞いたと同時に、その情景や物が頭にイメージできるのが理想(他人に要求してねかりだと、どんどんかけ離れてしまうことが多いものです)です。 英語が苦手という方は、こういったポイントを意識して、勉強(毎日コツコツできる人には結局敵わないんですよね)をするようにしてくださいー